スポーツトレーナーの雑ジャーナル 〜曽根洋紀のブログ〜

トレーニングの情報や私の趣味、ちょっと得する?かもしれない事を書いていきます。

マーベルシネマティックユニバース 解説と公開順

f:id:sonehiroki710:20170510015810j:image

皆さん、マーベルはご存知でしょうか?

 

 

実は私、マーベルが大好きなんです‼︎‼︎

(まぁコミックを買って読むというほどではないので本当のマーベルファンには怒られそうですが…)

 

 そこでマーベルについて長きに渡り(本当にやりますよ!)このブログで語っていこうかなと思います。

 

お前トレーナーじゃねーか!これじゃアメコミブログになるぞ!とツッコミがありそうですが、ここは私が好き勝手語り倒す所なので気にせずいきます。(本当に勝手ですみません)

 

 

 マーベルって?

そもそもマーベルとはマーベルコミックスというアメリカの漫画会社なのです。日本でいうジャンプを出版している集英社の様なものだと思ってください。

 様々なキャラクターを世に生み出しているこの漫画会社ですが、特に人気のある作品は映画化され日本でも大変人気を博しています。

f:id:sonehiroki710:20170510022039j:image

 

 

 

例えばアイアンマン

 

f:id:sonehiroki710:20170510021204j:image

スパイダーマン

 

f:id:sonehiroki710:20170510021314j:image

ハルク

 f:id:sonehiroki710:20170510021906j:image

 

観た事があるという方がほとんどではないでしょうか。

 

 

 

ちなみにアメコミといえばスーパーマンバットマンを思い出す方も多いと思いますが、こちらはDCコミックという全くの別会社のキャラクターです。

f:id:sonehiroki710:20170510022417j:image

 

 

 

そしてここで覚えて頂きたい事は、日本の漫画と違い、アメコミは『コミックス内で同じ世界観でキャラクター達が共存し動いている』という事です。

は?何言ってんねん。と思うでしょう。ここ、詳しく説明します。要は共存しているため、共演する事が普通にあるのです。

ジャンプに例えますと、ルフィが海賊王になるためにグランドラインを航海している地球の裏側で悟空がセルゲームを戦い、ナルトが火影なろうと修行しているのと同時に両さんが金儲けを企んでいるという事です。

全てが同じ世界・惑星・空間なのであっちのキャラがこっちに来たりがあり得るのです。

 

という事は、キャラクターの強さの基準がある程度設けられています。岩を砕くだけで「何てパワーだ!」と驚かれる世界のキャラと、「かめはめ波ーーー!!!!」で星一つ消し去るキャラが同じ土俵で戦える訳がないですからね。

マーベルでは100トンの物を持ち上げられれば怪力とされています。

ですがDCコミックのスーパーマンでは80万トンを持ち上げられるとされています。

つまりおそらくマーベルコミックのキャラとDCコミッのキャラが戦ったらDCコミックが勝ちます。悟空とルフィ程の差があるのでしょう。

 

 

 

そしてそして!ここからが本題です!!(前置きが長い…)

マーベル・シネマティック・ユニバース!これを語らねばならないのです!!

 

今まで映画ではお互いの世界を共有したものは作られていませんでした。

ではコミックと同じ様にキャラクター達を共演させちゃおうとした訳です。ジャンプでいうところの『ジャンプオールスターズ』です。

 

ここまできたらお分かりですね。そう!それこそが『アベンジャーズ』なのです!

 

アベンジャーズは本当に作り方が上手くて、「アベンジャーズやるよー」と告知して始まった訳ではなく、映画を作っていって徐々に作品と作品を絡めていくという手法なのです。

 

どうやって絡めていったのかというと、それぞれのエンドロールに次回以降に繋がる映像を入れ、「あれとこれが繋がるんだ!」と視聴者に楽しんでもらおうというもの。非常にワクワクしますね!

エンドロールはエヴァンゲリオン新劇場版を観ている方なら「あー、そういう感じね。」とすぐ分かると思います。

 

 

ではでは!ここから今までのマーベル・シネマティック・ユニバース、通称『アベンジャーズ計画』を順番にご紹介していきます。

 

フェイズ1 

1.『アイアンマン』(2008)
2.『インクレディブル・ハルク』(2008)
3.『アイアンマン2』(2010)
4.『マイティ・ソー』(2011)
5.『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)
6.『アベンジャーズ』(2012)

フェイズ2

7.『アイアンマン3』(2013)
8.『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)
9.『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)
10.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
11.『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
12.『アントマン』(2015)

フェイズ3

13.『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)
14.『ドクター・ストレンジ』(2016)
15.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)

 2017年5月現在

 

 

今後公開予定の作品にも

スパイダーマン/ホームカミング

マイティソー/ラグナロク

ブラック・パンサー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 

アントマン&ザ・ワスプ

キャプテン・マーベル

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2

 ※仮題なものあり

 

 

「いやいや多過ぎね!?」と思った方。ごもっともです。ただそれだけ壮大な計画だとも言えます!!

「しかしこれじゃー何から観ればいいかわからねーじゃん。」と言う方。それも一理あるかもしれませんが、エンドロールのお話をしましたよね。次回につながるオマケ映像の事ですが、それがしっかりと話を一本の線にする役割をしているので、”公開された順”に観るのが正解です。

 

 

ただマーベルの世界の中の時系列はバラバラなのでその記事はまた公開します。